バロック (566)

バロック(仏: 英: baroque, 独: Barock)とは、16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術・文化の様式である。バロック芸術は秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとしてルネサンスの芸術運動の後に始まった。カトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や、ヨーロッパ諸国の絶対王政を背景に、影響は彫刻、絵画、文学、建築、音楽などあらゆる芸術領域に及び、誇張された動き、凝った装飾の多用、強烈な光の対比のような劇的な効果、緊張、時として仰々しいまでの豊饒さや壮大さなどによって特徴づけられる。18世紀後半には新古典主義へと移行した。

バロックという語は、真珠や宝石のいびつな形を指すポルトガル語のbarrocoから来ている(ただし名詞barrocoはもともとはいびつな丸い大岩や、穴や、窪地などを指していた。いずれにせよ、この語にはいびつさの概念が含まれていたと思われる。)

現在の意味での「バロック」という語は、様式の時期や呼称の大半がそうであるように、後世の美術評論家によって作り出されたものであり、17-18世紀の当事者によるものではなかった。当時の芸術家は自身を「バロック」ではなく古典主義であると考えていた。彼らは中世のフォルムや、建築のオーダーや、ペディメントや、古典的なモデナチュールといったギリシア・ローマの題材を利用していた。「バロック」の語は16世紀末のローマで生まれた。フランスでは、この語は1531年には真珠について用いられており、17世紀末には比喩的な意味で用いられるようになった。 また、中世の学者が論理体系を構築するうえで複雑で難解な論法を指すのに使ったラテン語のBarocoからきたともされる。

1694年(バロック期の最中)には、この語はアカデミー・フランセーズの辞書では「極めて不完全な丸さを持つ真珠のみについて言う。『バロック真珠のネックレス』」と定義されていた。1762年、バロック期の終結した頃には、第1義に加え「比喩的な意味で、いびつ、奇妙、不規則さも指す。」という定義が加わった。19世紀には、アカデミーは定義の順序を入れ替え、比喩的な意味を第1義とした。1855年になって初めて、スイスの美術史家ヤーコプ・ブルクハルトが『チチェローネ イタリアの美術品鑑賞の手引き』においてバロックという語をルネサンスに続く時期と芸術を表すのに用いた。この用法が生まれたのがドイツ文化圏であったのは偶然ではない。フランスやイギリスは様式の変化を表すのに(「ルイ14世様式」のように)その王の名を使用することができたが、ドイツは当時Kleinstaatereiと呼ばれる無数の小国家に分裂していたのである。

さらに1世代後の1878年になってようやく「バロック様式」がアカデミーの辞書の見出しとなり、定義の軽蔑的な意味合いも薄まった[6]。皇后ウジェニーは 気取ったものやルイ15世様式を再び流行させ、今日ネオバロック(バロックリバイバル)と呼ばれる様式が生まれた[7]。バロックの復権が始まり、スイスの美術史家ハインリヒ・ヴェルフリン(1864-1945)はその著作でこのバロックというものが如何に複雑であり、激動し、不規則であり、そして根底においては奇妙である以上に魅惑的であるかを示してみせた。

ヴェルフリンはバロックを「一斉に輸入された運動」、ルネサンス芸術へのアンチテーゼとして定義した[8]。ヴェルフリンは今日の著述家たちのようにはマニエリスムとバロックの間に区別を設けず、また18世紀前半に開花したロココという相も無視していた。フランスとイギリスではその研究はドイツの学界でヴェルフリンが支配的な影響力を獲得するまでまともに受け止められなかった。

バロックの萌芽となる着想はミケランジェロの仕事に見出される。バロック様式は1580年頃に始まった。

(大抵はプロテスタントの)美術史家は伝統的に、バロック様式が新しい科学と新しい信仰の形――宗教改革――を生んださまざまな文化的運動にカトリック教会が抵抗していた時代に発展したという事実を強調している。建造物におけるバロックは教皇が、絶対王政がそうしたように、その威信を回復できるような表現手段を命じることでカトリックの対抗宗教改革の端緒の象徴となるほどまでに道具として使った様式であったと言われている[誰?]。いずれにせよ、ローマでは成功を収め、バロック建築は街の中心部を大きく塗り替えた。この時代の都市の更新としては最も重要なものであったろう。

Read more

女占い師

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥30,689

真珠の耳飾りの少女

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥30,039

人生の踊り

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥53,959

女占い師

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥49,689

フランス・バニング・コック隊長の市警団

By レンブラント
Sizes starting at
¥54,169

小路

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥29,439

フローラの王国

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥57,369

女占い師

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥52,909

ガラリアの海の嵐

By レンブラント
Sizes starting at
¥41,519

いかさま師(クラブの札版)

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥35,239

トランプ詐欺師

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥57,369

放蕩息子の帰還

By レンブラント
Sizes starting at
¥42,689

悔い改めるマグダラのマリア

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥32,969

牛乳を注ぐ女

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥29,389

Achilles on Skyros 1657

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥55,659

デルフト眺望

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥29,729

アルカディアの牧人たち

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥59,439

音楽家たち

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥54,809

自画像

By レンブラント
Sizes starting at
¥40,349

Magdalene with the Smoking Flame

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥31,339

Bacchanale Before a Temple

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥57,369

トカゲに噛まれた少年

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥43,279

自画像

By レンブラント
Sizes starting at
¥42,109

悔い改めるマグダラのマリア

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥30,039

水差しを持つ女

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥29,719

The Education of the Virgin

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥30,369

取り持ち女

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥29,389

Bacchanale to the guitar player

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥59,079

バッカス

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥39,179

自画像

By レンブラント
Sizes starting at
¥40,349

Bacchanalia

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥58,219

果物の皮を剥く少年

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥40,939

黄金の兜をかぶった男

By レンブラント
Sizes starting at
¥43,279

The Musicians' Brawl

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥36,219

天文学者

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥29,719

The Newborn Christ

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥30,689

地理学者

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥29,719

The Triumph of Pan 1636

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥49,779

果物籠を持つ少年

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥37,419

Bathsheba with David 1654

By レンブラント
Sizes starting at
¥36,239

Venus, Mother of Aeneas, presenting him with Arms forged by Vulcan

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥55,049

聖マタイの召命

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥46,249

織物商組合の幹部たち

By レンブラント
Sizes starting at
¥59,929

The Hurdy Gurdy Player

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥32,319

ワイングラスを持つ娘

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥30,039

テュルプ博士の解剖学講義

By レンブラント
Sizes starting at
¥55,659

聖ヨセフ

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥30,039

紳士とワインを飲む女

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥30,419

サビニの女たちの掠奪

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥54,809

リュートを弾く若者

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥42,109

天秤を持つ女

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥29,389

Parnassus

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥57,689

リュートを弾く若者

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥42,109

ペリシテ人に目を潰されるサムソン

By レンブラント
Sizes starting at
¥55,049

Job Mocked by his Wife

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥33,619

リュートを弾く若者

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥42,109

Jacob Blessing the Children of Joseph 1656

By レンブラント
Sizes starting at
¥51,389

St Sebastian tended by St Irene

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥31,339

信仰の寓意

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥31,339

サビニの女たちの掠奪

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥56,519

Dice players

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥32,969

ヴァージナルの前に座る女

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥29,389

Venus and Adonis

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥58,559

エジプトへの逃避途上の休息

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥53,099

ダナエ

By レンブラント
Sizes starting at
¥39,849

Blind Orion Searching for the Rising Sun 1658

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥61,629

Doubting Saint Thomas 1601

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥57,689

エウロペの誘拐

By レンブラント
Sizes starting at
¥53,959

St Jerome

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥33,289

合奏

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥29,389

St. Thomas

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥30,689

ヴァージナルの前に立つ女

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥29,719

A Bacchanalian Revel before a Term

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥59,079

マルタとマグダラのマリア

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥52,159

Diana Bathing with her Nymphs with Actaeon and Callisto 1635

By レンブラント
Sizes starting at
¥53,959

Eleazer and Rebecca at the Well

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥65,879

聖ヨハネの斬首

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥41,679

The Abduction of Proserpina 1631

By レンブラント
Sizes starting at
¥43,809

Smoker 1646

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥29,719

絵画芸術

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥30,369

Saint Jerome

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥32,319

恋文

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥30,039

The Triumph of Bacchus

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥52,419

キリストの捕縛

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥39,399

クラウディウス・キウィリスの謀議

By レンブラント
Sizes starting at
¥64,689

兵士と笑う女

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥29,069

Le massacre des Innocents (The Slaughter of the Innocents)

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥50,529

聖ウルスラの殉教

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥55,929

ユダヤの花嫁(イサクとリベカ)

By レンブラント
Sizes starting at
¥52,909

Self-portait

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥30,369

ホロフェルネスの首を斬るユディト

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥57,689

ベルシャザルの酒宴‐壁の言葉‐

By レンブラント
Sizes starting at
¥53,099

Saint Sebastian Tended by Irene

By ジョルジュ・ド・ラ・トゥール
Sizes starting at
¥32,759

音楽の稽古

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥29,719

Venus and Mars

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥53,299

手紙を書く婦人と召使

By ヨハン·フェルメール
Sizes starting at
¥30,689

ディアナとエンデュミオン

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥58,559

ホロフェルネスの首を斬るユディト

By カラヴァッジオ
Sizes starting at
¥52,249

Old Man with a Gold Chain 1631

By レンブラント
Sizes starting at
¥38,589

Rinaldo and Armida

By ニコラ・プッサン
Sizes starting at
¥56,809

バロック (566)

バロック(仏: 英: baroque, 独: Barock)とは、16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術・文化の様式である。バロック芸術は秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとしてルネサンスの芸術運動の後に始まった。カトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や、ヨーロッパ諸国の絶対王政を背景に、影響は彫刻、絵画、文学、建築、音楽などあらゆる芸術領域に及び、誇張された動き、凝った装飾の多用、強烈な光の対比のような劇的な効果、緊張、時として仰々しいまでの豊饒さや壮大さなどによって特徴づけられる。18世紀後半には新古典主義へと移行した。

バロックという語は、真珠や宝石のいびつな形を指すポルトガル語のbarrocoから来ている(ただし名詞barrocoはもともとはいびつな丸い大岩や、穴や、窪地などを指していた。いずれにせよ、この語にはいびつさの概念が含まれていたと思われる。)

現在の意味での「バロック」という語は、様式の時期や呼称の大半がそうであるように、後世の美術評論家によって作り出されたものであり、17-18世紀の当事者によるものではなかった。当時の芸術家は自身を「バロック」ではなく古典主義であると考えていた。彼らは中世のフォルムや、建築のオーダーや、ペディメントや、古典的なモデナチュールといったギリシア・ローマの題材を利用していた。「バロック」の語は16世紀末のローマで生まれた。フランスでは、この語は1531年には真珠について用いられており、17世紀末には比喩的な意味で用いられるようになった。 また、中世の学者が論理体系を構築するうえで複雑で難解な論法を指すのに使ったラテン語のBarocoからきたともされる。

1694年(バロック期の最中)には、この語はアカデミー・フランセーズの辞書では「極めて不完全な丸さを持つ真珠のみについて言う。『バロック真珠のネックレス』」と定義されていた。1762年、バロック期の終結した頃には、第1義に加え「比喩的な意味で、いびつ、奇妙、不規則さも指す。」という定義が加わった。19世紀には、アカデミーは定義の順序を入れ替え、比喩的な意味を第1義とした。1855年になって初めて、スイスの美術史家ヤーコプ・ブルクハルトが『チチェローネ イタリアの美術品鑑賞の手引き』においてバロックという語をルネサンスに続く時期と芸術を表すのに用いた。この用法が生まれたのがドイツ文化圏であったのは偶然ではない。フランスやイギリスは様式の変化を表すのに(「ルイ14世様式」のように)その王の名を使用することができたが、ドイツは当時Kleinstaatereiと呼ばれる無数の小国家に分裂していたのである。

さらに1世代後の1878年になってようやく「バロック様式」がアカデミーの辞書の見出しとなり、定義の軽蔑的な意味合いも薄まった[6]。皇后ウジェニーは 気取ったものやルイ15世様式を再び流行させ、今日ネオバロック(バロックリバイバル)と呼ばれる様式が生まれた[7]。バロックの復権が始まり、スイスの美術史家ハインリヒ・ヴェルフリン(1864-1945)はその著作でこのバロックというものが如何に複雑であり、激動し、不規則であり、そして根底においては奇妙である以上に魅惑的であるかを示してみせた。

ヴェルフリンはバロックを「一斉に輸入された運動」、ルネサンス芸術へのアンチテーゼとして定義した[8]。ヴェルフリンは今日の著述家たちのようにはマニエリスムとバロックの間に区別を設けず、また18世紀前半に開花したロココという相も無視していた。フランスとイギリスではその研究はドイツの学界でヴェルフリンが支配的な影響力を獲得するまでまともに受け止められなかった。

バロックの萌芽となる着想はミケランジェロの仕事に見出される。バロック様式は1580年頃に始まった。

(大抵はプロテスタントの)美術史家は伝統的に、バロック様式が新しい科学と新しい信仰の形――宗教改革――を生んださまざまな文化的運動にカトリック教会が抵抗していた時代に発展したという事実を強調している。建造物におけるバロックは教皇が、絶対王政がそうしたように、その威信を回復できるような表現手段を命じることでカトリックの対抗宗教改革の端緒の象徴となるほどまでに道具として使った様式であったと言われている[誰?]。いずれにせよ、ローマでは成功を収め、バロック建築は街の中心部を大きく塗り替えた。この時代の都市の更新としては最も重要なものであったろう。

Read more