Loading...
ショップバイ
ショッピングオプション
Art Subject

後期印象派 (2160)

ポスト印象派 または、ポスト印象主義(英: Post-Impressionism、仏: Post-impressionnisme)は、印象派の後に、フランスを中心として主に1880年代から活躍した画家たちを指す便宜的な呼称である。この区分は印象派に対する態度によるものであることから、様式的な共通性は希薄であり、それぞれの画家の画風は大きく異なる。一般的には、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・ゴーギャン、ポール・セザンヌなどを指す。

この呼称は、かつて白樺派によって日本に紹介された際、「後期印象派」と訳され、今日に至るまでこれが一般に用いられている(柳宗悦は「白樺」1912年1月号の「革命の画家」では「後印象派」と訳した)。これは、まるで印象派の時代のうちの後期に属するものと連想させるが、しかし、postは、「~の後」を意味する接頭辞であり、Post-Impressionism という語は、「印象派の後」ということを意味している。実際、Post-Impressionists(ポスト印象主義者たち)は、一方で印象派の成果を受け入れつつ、他方では反対しながら、印象派を超克しようとした画家たちであって、「後期印象派」という訳語から連想されるような、「印象派の後期」に属するものではない。近年ではこの訳語を避ける傾向も見られる。「ラファエル前派」という訳語に倣えば、「印象後派」とでも訳されるべきであるが、新案としては「ポスト印象派」がもっとも受け入れられているようである。「後印象派」などとも訳されている。

Post-Impressionism という語は、イギリスの批評家、R. フライが、フランスの新しい美術をイギリスに紹介するために組織した展覧会「マネと印象派後の画家たち Manet and the Post‐Impressionists」(1910 - 11)の名に由来する。この展覧会の出品者は、マネの他、ゴッホ、ゴーガン、ルドン、セザンヌ、マティス、ドラン、ブラマンク、新印象主義の画家たち、フォーヴの画家たちといったように、様式的にも多様であった。印象派の画家たちが抜け落ちているのは、フライに、これらの画家たちは印象派とは別の世界を目指しているということを強調する意図があったからである。フライは当初「インプレッショニスト」という名称を提案したが、反対にあい、「印象派後」に落ち着いた。

彼らは、印象派の傾向を受け、それを出発点としながらも、批判的に継承しつつ、厳密な形態の復活、原始的な題材や激しい色彩の導入などの独自の特徴を生み出し、20世紀の美術のさきがけとなった。形態においても、色彩においても、また思想においても、19世紀の美術と、フォーヴィスム、表現主義、キュビスムなどの20世紀美術との橋渡しをしたといえる。

なお、文献によってはピエール=オーギュスト・ルノワールをポスト印象派の画家として紹介しているものもある。これは、ポスト印象派と同時期(1880年代)に印象主義の手法から離れ、自らの作風を模索していたという共通点に着目しているためである[1]。新印象主義に分類されるジョルジュ・スーラを含める場合もある。

Read more

大水浴図

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥40,349

The bridge of Boieldieu and the Orleans station Rouen sunny day 1898

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥31,019

グランド・ジャット島の日曜日の午後

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥32,459
夜のカフェテラス Bestseller

夜のカフェテラス

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥29,679

アニエールの水浴

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥31,839

死霊が見ている

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥30,229

眠るジプシー女

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥32,079
星月夜 Bestseller

星月夜

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥30,229

カード遊びをする人々

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥40,939

Le Boulevard Montmartre, Matinée de Printemps 1897

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥31,019

静物

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥29,439

赤い屋根、ポントワーズのサン=ドニの丘、冬の効果

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥30,689

The Channel Of Gravelines, Petit Fort Philippe

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥29,919

黄色いキリスト

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥29,439

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥31,599

ローヌ川の星月夜

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥30,469

Mont Sainte-Victoire and the Viaduct of the Arc River Valley

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥29,679

Landscape with Farmhouses and Palm Trees 1856

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥30,159

Entrance Of The Port Of Honfleur

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥29,729

Nafea Faaipoipo (When are you Getting Married?)

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥30,879

Two lions on the lookout in the jungle

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥31,119

糸杉と星の見える道

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥29,679

糸杉のある麦畑

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥29,679

積み重ねた骸骨

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥29,729

La Récolte des Foins, Éragny 1887

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥31,669

The Canal Of Gravelines, In The Direction Of The Sea

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥30,399

ネヴァモア

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥38,859

蛇使いの女

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥28,719

リンゴの籠のある静物

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥30,229

ジャレの丘

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥30,399

The Canal Of Gravelines, In The Direction Of The Sea

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥29,679

Two Tahitian Women with Mango Flowers

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥29,919

嵐の中の船

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥29,729

糸杉のある緑の麦畑

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥29,979

Vision of the Sermon (Jacob Wrestling with the Angel)

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥30,229

私自身:肖像=風景

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥29,919

糸杉のある麦畑

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥29,919

Portrait of Madame Cézanne

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥37,799

白い霜

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥31,119

Port-En-Bessin, Entrance To The Harbor 1888

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥29,199

L’estaque, Melting Snow

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥29,919

クリスタル・パレス

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥32,569

Harbour Entrance At Honfleur, 1886

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥29,729

Vincent Van Gogh Painting Sunflowers

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥29,679

前景にアイリスのあるアルルの眺め

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥29,199

La Rade De Grandcamp (Le Port De Grandcamp)

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥29,679

イア・オラナ・マリア(我マリアを拝する)

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥29,919

赤道上のジャングル

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥28,239

The Harvest With Blue Cart 1888

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥30,229

The Boy in the Red Vest

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥37,799

Les Quatre Saisons-L'eté 1872

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥42,539

The Murder 1870

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥31,019

Les Quatre Saisons-Le Printemps 1872

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥42,539

The Channel At Gravelines, Evening

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥29,979

Parau Api. What News

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥30,639

Exotic Landscape

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥30,159

緑の麦畑

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥29,919

Les Quatre Saisons-L'automne 1872

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥42,539

ポール・アン・ベッサンの外港

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥29,679

ヴァヒネ・ノ・テ・ティアレ(花を持つ女)

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥31,839

Monkeys and Parrot in the Virgin Forest

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥29,199

種まく人

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥29,679

カード遊びをする人々

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥51,159

麦束の山と刈る人

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥29,919

カード遊びをする人々

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥48,219

Les Quatre Saisons-L'hiver 1872

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥42,779

Port-En-Bessin

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥29,679

タヒチの女(浜辺にて)

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥30,399

陽気なおどけものたち

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥29,919

Young Man and Skull

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥40,229

リンゴの収穫、エラニー

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥52,249

Grand Fort-Philippe

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥29,679

マハナ・ノ・アトゥア

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥30,399

バッファローを襲う虎

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥28,989

オーヴェル近郊ヴェセノの眺め

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥29,199

In a Tropical Forest-Struggle between Tiger and Bull

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥29,199

プロヴァンスの収穫

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥29,439

The Drinker

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥37,799

Les glaneuses, 1889

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥53,099

The Lighthouse At Honfleur

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥29,679

Vahine No Te Vi (Woman with Mango)

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥32,809

Man in a Blue Smock

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥38,289

Woman Bathing Her Feet in a Brook

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥38,769

The River Seine At La Grande-Jatte

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥30,469

Vahine No Te Miti Woman At the Beach

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥29,679

猿のいる熱帯林

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥30,229

麦畑

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥29,729

La Seine À La Grande Jatte

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥29,679

Piti Teina (Two Sisters)

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥30,399

アメリカひょうに襲われる馬

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥30,469

サン=ポール=ド=モソルの教会の眺め

By フィンセント·ファン·ゴッホ
Sizes starting at
¥30,969

Man Smoking a Pipe

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥38,769

Hunter in a Landscape near Pontoise 1879

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥30,229

Man with Crossed Arms 1899

By ポール·セザンヌ
Sizes starting at
¥38,289

Kew Green 1892

By カミーユ·ピサロ
Sizes starting at
¥29,489

Seated Figures

By ジョルジュ·スーラ
Sizes starting at
¥32,809

Pastorales Tahitiennes

By ポール·ゴーギャン
Sizes starting at
¥30,159

雄牛を襲う虎

By アンリ・ルソー
Sizes starting at
¥29,679

後期印象派 (2160)

ポスト印象派 または、ポスト印象主義(英: Post-Impressionism、仏: Post-impressionnisme)は、印象派の後に、フランスを中心として主に1880年代から活躍した画家たちを指す便宜的な呼称である。この区分は印象派に対する態度によるものであることから、様式的な共通性は希薄であり、それぞれの画家の画風は大きく異なる。一般的には、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・ゴーギャン、ポール・セザンヌなどを指す。

この呼称は、かつて白樺派によって日本に紹介された際、「後期印象派」と訳され、今日に至るまでこれが一般に用いられている(柳宗悦は「白樺」1912年1月号の「革命の画家」では「後印象派」と訳した)。これは、まるで印象派の時代のうちの後期に属するものと連想させるが、しかし、postは、「~の後」を意味する接頭辞であり、Post-Impressionism という語は、「印象派の後」ということを意味している。実際、Post-Impressionists(ポスト印象主義者たち)は、一方で印象派の成果を受け入れつつ、他方では反対しながら、印象派を超克しようとした画家たちであって、「後期印象派」という訳語から連想されるような、「印象派の後期」に属するものではない。近年ではこの訳語を避ける傾向も見られる。「ラファエル前派」という訳語に倣えば、「印象後派」とでも訳されるべきであるが、新案としては「ポスト印象派」がもっとも受け入れられているようである。「後印象派」などとも訳されている。

Post-Impressionism という語は、イギリスの批評家、R. フライが、フランスの新しい美術をイギリスに紹介するために組織した展覧会「マネと印象派後の画家たち Manet and the Post‐Impressionists」(1910 - 11)の名に由来する。この展覧会の出品者は、マネの他、ゴッホ、ゴーガン、ルドン、セザンヌ、マティス、ドラン、ブラマンク、新印象主義の画家たち、フォーヴの画家たちといったように、様式的にも多様であった。印象派の画家たちが抜け落ちているのは、フライに、これらの画家たちは印象派とは別の世界を目指しているということを強調する意図があったからである。フライは当初「インプレッショニスト」という名称を提案したが、反対にあい、「印象派後」に落ち着いた。

彼らは、印象派の傾向を受け、それを出発点としながらも、批判的に継承しつつ、厳密な形態の復活、原始的な題材や激しい色彩の導入などの独自の特徴を生み出し、20世紀の美術のさきがけとなった。形態においても、色彩においても、また思想においても、19世紀の美術と、フォーヴィスム、表現主義、キュビスムなどの20世紀美術との橋渡しをしたといえる。

なお、文献によってはピエール=オーギュスト・ルノワールをポスト印象派の画家として紹介しているものもある。これは、ポスト印象派と同時期(1880年代)に印象主義の手法から離れ、自らの作風を模索していたという共通点に着目しているためである[1]。新印象主義に分類されるジョルジュ・スーラを含める場合もある。

Read more